HOME > ビジネスメール講座

ビジネスメール講座開催

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)

全国開催の本講座、関西では毎月奈良県大和高田市で開催中

東京では頻繁に開催されている本講座ですが、関西では奈良県大和高田市(奈良市でも)にて開催中です。
奈良県内はもちろん、大阪、京都、兵庫、和歌山、三重と、遠方から参加いただいています。
ご自身のスキルアップを図る方はもちろん、自社内のビジネスメールマナーの指導担当(総務・人事)、カスタマーセンター対応ご担当の方、ネットショップのメール担当、ビジネスマナー講師まで、たくさんの方にご参加いただいています。

あなたのメールの印象が良いか悪いかを、きめるのは受信者です。

例え不快なメールを送っていても、「あなたの書き方不快です」とは誰も教えてくれないでしょう。
だからこそ、自分から学ぶ必要があるのが、ビジネスメールです。
各講座の様子、アンケートなどはこちらからご覧いただけます。
オフィスミカサ:ブログカテゴリ「ビジネスメール」

受講に条件はありません。すでにビジネスメールを使っている方はもちろん、これから利用することになる、新入社員や学生さん。
そして、学校役員になってしまい、初めてのビジネスメールのやり取りに困っている主婦の方まで、「メールのやり取りで仕事をする」みなさんに、役立つ講座です。

メールコミュニケーションの基礎が2時間で学びます。

・基本的なメールの型の理解
・件名の付け方
・宛名・挨拶・名乗り・要旨・詳細・結びの挨拶・署名の書き方
・To,Cc,Bcc、の使い方
・添付ファイルの最大容量
・「お断り」「お詫び」「催促」などシチュエーション別のライティング
・効率よくメールを処理し、スピーディにメールを作成する時間短縮テクニック 
等を解説します。

本講座の対象者、参加をして見込める効果、詳細内容

本講座の対象者、参加をして見込める効果、詳細内容はこちらからごらんください
ウェブサイト ビジネスメールの教科書

受講価格

1名 8,640円
2名 15,550円(10%OFF、1,730円引き)
3名 22,030円(15%OFF、3,890円引き)
4名 27,650円(20%OFF、6,910円引き)

現在開催中の講座について、お申し込み、募集中のセミナーの詳細はこちらから

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)は
一般社団法人日本ビジネスメール協会のプログラムです。

大手企業様で多数開催実績のある、2時間プログラム。

2015年7月 大阪府八尾市役所さまで実施
当日の様子、アンケート結果はこちらからご覧いただけます(オフィスミカサブログへ)
2016年1月 奈良県小山株式会社様で実施
当日の様子、アンケート結果はこちらからご覧いただけます(オフィスミカサブログへ)

bizmail イメージ.jpg

その他:本プログラム実施の企業事例


導入企業一覧(順不同・敬称略) 
味の素、アデコ、穴吹興産、アンリツ、イッツ・コミュニケーションズ、伊藤忠商事労働組合(東京支部)、INAX、茨城日立情報サービス労働組合、SMBCコンサルティング、エプソン販売、大府市雇用対策協議会、兼六土地建物、セキスイハイム不動産、全国IBMユーザー研究会連合会、宣伝会議、東京ガス、TOTO、トッパン エムアンドアイ、日本高圧電気、日本ドナルドソン、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会、博報堂DYメディアパートナーズ、パナソニック電工、パナソニック電工電路、みずほ総合研究所、三井住友海上火災保険、目黒区男女平等・共同参画センター、中小企業家同友会、商工会議所、国土交通省、大分県、青山学院大学、嘉悦大学、明治大学、東海中学校・東海高等学校、他
(※アイ・コミュニケーションのビジネスメール研修プログラムをご導入いただいた企業様の一部)
※アイコミュニケーションは、一般社団法人日本ビジネスメール協会の事務局を実施している企業です 本データの転載元はこちらのページ

ビジネスメール講座、出張開催について

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)

本プログラムを、大阪・兵庫・奈良・京都など、関西各地で開催可能です。

東京で主に開催されている、本プログラムですが、どこでも実施可能です。
全国での開催予定はこちらから:ビジネスメールの教科書

また企業様で実施される場合、貴社の環境(お使いのグループウェアやセキュリティルールなど)お伺いし、説明に適宜導入するなどカスタマイズ可能です。
興味のある方は、お問い合わせください。価格はこちらから

講座やビジネスメールに関する最新情報について

最新情報をブログに掲載しています

ブログカテゴリ:ビジネスメール
・募集中の講座の案内
・終了後の講座のご報告
・ビジネスメールに関するノウハウ
・さまざまなメディアに掲載いただいていた関連記事など 
興味のある方は、ご覧くださいね。